レイバン RayBan >プラスチック枠 >プラスチック枠 PART1 >RB4101F:サングラス&メガネ シーズン ジャッキーオー JACKIE OHH品番にFのついた鼻盛りの大きなタイプ【送料無料】レディース UV/紫外線カット
2020年2月5日水曜日
Vol.239「2020年20周年year」の巻
 2020年明けましておめでとう。
 暖冬、暖かい冬、それもここまでか、明日から寒くなりそうだ、そうだ毎年節分というのは季節を分けるものだと、「ここから春ですよ」と先人さんが分けてくれてるが、なんや春だとは名ばかりで毎年ここからが寒さ本番やないかと、先人さんのイタズラか、それともこれからくる厳しい寒さに「もうすぐですからね」と希望を持たせてくれてるのか、どちらにしてもきっと当たっていないだろう推測で勝手に先人と交信する節分、ここからが寒さ本番、しまっていきましょ、はーるよこい!いかがおすごしか。

 今年はインザスープデビュー20周年。と書いてなぜかグッときた。なににグッときたかと言えば、20年の実感がない。自分はフォーク歌手でもあるけれどロックンローラーでもあるので、というか振り向くということがカッコ悪いとも思いますし、証拠を残さず前へ前へと生きるのがカッコいいことだとしてきたからか、「ぇぇ!あれから20年もたったの?」という意味でグッときた。

 いやしかし、思い返せばなるほど自分なりの道程はあるなと、またよくよく思い出していけばそりゃそうだ20年だわなともおもった。

 1996年に結成して2000年にコロムビアレコードよりデビュー。2000年と言えどその1年ほど前からは事務所がついてデビューへの準備期間のようなものだった。2000年5月に「風の子」でデビューしてってこれ「デビュー」って普通に自分で何度も言ってて小っ恥ずかしい気もしますけど、今よりも20年前の「デビュー」はキラキラした響きだったように思います。

 先に書いたようにその1年前くらいから事務所に入りインディーズとしてCDも発売して活動していたので実際に2000年の5月20日を迎えても実感がなく、本人達はライブだったのか名古屋にいて、なにか特別に「デビュー」を感じることもなかったので打ち上げ終わりにメンバーだけで記念になることをしようとタクシーに乗り「次の角を左にお願いします」を曲がるたびに伝えて街の1ブロックを一周し、元の場所で降ろしてもらい、ささやかなメンバーだけのデビューパレードをした。それから2004年あたりまで目まぐるしく、毎日、ライブかレコーディングかキャンペーンかラジオかテレビか雑誌のインタビューかなんかで個人的な休みはほとんどなく、その隙間で社長のシゲさんに遊ばせてもらいもしたけれど、スケジュール表に休みはほとんどなかった。そんな時期を経て2004年にコロムビアとの契約が終了した。

 レコード会社の地下のスタジオのロビーで、契約が切れる旨を伝えられた。丁寧に話をしてくれている会社の人の話を、床に体育座りで僕は聞いてた。「あぁこれで終わるのか」と、残念な想いもあったけれど、どこかホッとした気分にもなった。その頃自分は長い期間、曲が書けていなくて、書けていないのにどうして飯が食えているんだろう?と飯を食う実感もあまり持てず、また自分に関わってくれてる人たちにも申し訳ない気持ちだった。そんなことからの開放感もあり、これからは重い物でも持って汗をかき、金を稼いで実感して飯を食うぞと、その上で実感して音楽をやっていくぞと、生活のための音楽ではなく、生活あっての音楽だろうと言い聞かせ、工事現場で働く自分の姿を想像し、「よーしやったるぞ」的な気持ちになった。会社の人の話を聞きながら、これから先のことへ意気込んでいた。意気込み過ぎたのか、ホッとしたのか、僕はその時にオナラをしてしまった。普段、人前でオナラをしないタイプであるのに、よりによって地下の暗がりでメンバー、スタッフ一同、重い空気が流れる中、しんみりした話の途中で屁をこいてしまい、僕はとっさに手で口を押さえて「しまった!」という形になった。オナラはおしりから出ているのにとっさに口を押さえた自分に笑えてきて、みんなで少しだけ笑った。今までの人生で一番印象に残るオナラだ。
 と、ここまで書いてなんだか切なくなってしまった。ここから先、書こうと思っていたその後の展開の細かなことは、面白いこともたくさんあったのだけど、切なさが勝り書けるまでにもう少し時間がかかりそうなのでまたいずれ、いつか書けたらと。

 2000年からの4年間、あの時はあの時の精一杯だったけれど、自分の容量が狭かったこと、力不足、もっとがんばれなかったか、たくさんの人たちが力を注いでくれていたこと、それに応えられなかったこと、あの時もうひと踏ん張りできたんじゃないか、大事なものを見落としていたんじゃないか。随分と後になってから、寒い街中を歩いていて、ふと客観的にその時のことを思ったことがあった。今もまだまだだろうけど、あの時に比べたら容量は増えた、踏ん張れることも多くなったと思う。同じ後悔はしたくないと思えて、やれることをやれるうちにがんばれるだけがんばろうと思ってやってきたのは、比べられるあの時の経験があったからだと思う。ある程度の負荷がないと不安になって面白がれないのも、その時の経験が基準になって上書きしてきたからのような気がする。そんな経験を経て今現在、自分なりに上書き重ねてバージョンアップをしてきたつもりだ。
 この先に今のことを振り返り、「あの時もっとあぁすればよかった」ってのは、どうしてもついてくるかもしれないけど、それがなるべくないように、これからもなるべく心が震える方へ、勇気が必要な方へと経験を積んでいって、「精一杯やったよな」「おもしれかった」と燃やし尽くせたらと。
 2020年20周年イヤー、そしてこれからの豊富としながら今年1発目、今月はこの辺で。というか、ということはこの月1連載も20周年なのだな、すごいっ。





農家で実家を手伝いながら、武道館でギターも弾くおばっちゃん、はじめてのおつかい出演に感動。
柿農家として働くおばっちゃんに侍を感じた。ニックバッカーズの東京12月の音源レコーディングでは特に感じた侍感と同じ感動をみた思いでした。
2年前の荒れ野初演での劇場「雑遊」が復活。この風景を見ると胸がキュン。スズナリもそうなるのかしら。
井上加奈子さんと平田さんがこけら落としの朗読劇。
すごく面白くてかわいかった。
題字が原田芳雄さんというのもグッときますね。
いつからかねぎだくも料金取られるようになったんだなぁとパシャリ。
そして20周年、2ヶ月おきの2マンシリーズ1発目はペテカン と、とても面白くてペテカン が1発目でよかった。ありがとうペテカン !
そして翌日はテレビ神奈川にて番組「キンシオ」10周年のイベントに出演。
写真は以前キンシオに出演した際に作った歌を歌う私、急遽思い出してイベントにて歌う。
みんなでの即興がなかなか終われなかったおもろいイベントでした。 磯先輩と。 黒鯛3匹。やりました。毎年1月は黒鯛が釣れていて、その年の縁起を担ぐ。めでたい。
次はmoke(s)と。20周年2マンを3月に。
いい写真、20年近く前か。
写真はなるほど、時を刻むんだなぁ。
諭介がお答え致します   ■「1月も半分過ぎましたが、あけましておめでとうございます。2020年ですね!デビュー20周年ですね!もう明日がその第一弾でとても楽しみにしています。きっと今年は振り返ることも多いのだろうなと思いますが、是非20年続いてきた今のインザスープでの新しい曲を聴かせてほしいなと思っています。去年の『樹』『荒野で遊ぶ』『光道』。今年はどんな歌が生まれるのかな。去年諭介さんは「締」と言っていた漢字一文字ですが、今年は何か浮かびましたか?私は「笑」にしました。今年になってからのライブはどっちも面白くて笑ってしまって、諭介さんもたくさん笑っていたので、あと今年最初の曲が『スマイルサークル』だったので。“笑う門には福来る”なので、福が来る予感です。無理にではなく、自然とたくさん笑える年にしようと思っています。今年もよろしくお願いします(笑)←さっそく!」
(A.T 2020年1月17日 12:24)
→なはっかっこっ笑い、ん、今年はなんだろ「流」かな。気持ちよく流れていきたいわ、うん、いいね、「流」

■「中尾さん明けましておめでとうございます。
私は今年、アニメ映画「音楽」を新宿武蔵野館で見てきました。7年かけて手書きで書いた長編アニメで、バンドマンの中尾さんには是非見てみて欲しいと思いました!
今日のライブも楽しかったです。吉田さんが正装風だったのはメンバーで何か打ち合わせたんですか??今年もよろしくお願いします」(しゃるろっか 2020年1月18日 19:14)
→へぇ、初めて聞いた映画や、7年!弘法大師が描かれてるけど、どこの街だろか?
衣装は打ち合わせないよ。いつも楽屋でほほーそれなんだってなるね、吉田くんはいつも何かびっくりすることが多いね。結成当初から。


■「2019年をこうやって振り返ってみると、あっという間のように感じるけどそのひとつひとつに色んなドラマがあって毎日ちゃんと生きていれば濃い1年になるんだなと感じました。
私も今年はもっとちゃんと生きて濃い1年にしてやろうと思います。ライブへもたくさん行きたいな。
今年も素敵な歌を聴かせてください。どうぞ宜しくです」
(夕陽 2020年1月25日 14:26)
→おう、がってんだ!濃い一年のお役に立てたらと思うわ。電信柱の電灯のように次のライブから次のライブへ、灯ともして行きますんで来れる時にぜし!

レイバン RayBan >プラスチック枠 >プラスチック枠 PART1 >RB4101F:サングラス&メガネ シーズン ジャッキーオー JACKIE OHH品番にFのついた鼻盛りの大きなタイプ【送料無料】レディース UV/紫外線カット ■「中尾さん、こんにちは。今年もよろしく☆
昨年は素敵な人と出来事と交流して、有意義な一年を過ごされたんだなあと感じました。
中尾氏はいつも「なんか面白いことないかなあ」とか、思っているんですか?
今年もおもろいことがいっぱい集まってきますよう、走りきった達成感と突き抜ける爽快感を沢山感じられる良い年でありますよう、応援しています。キャベツ食べてますかな?健康にお気をつけてしゃかりきしてくださいませ。

p.s.(これまでに聞かれていると思いますが)中尾さんは何色が(最近)好きですか?(余談)以前、クサバさんに聞いたら、彼は緑が好きみたい」
(たかの 2020年1月27日 19:21)
→茜色とかかな青も白も赤も好き、キャベツはいいねぇ、相変わらず体調整えたい時は食べてるよ。

■「今回のコラムを読ませてもらうと、諭介さんの昨年がとても盛り沢山で、その一つひとつの経験がまた新しい歌や音楽になると思うと楽しみになります☆彡
まだ寒い時期が続きますが体に気をつけて日々過ごしてくださいね」
(hitomi 2020年1月27日 23:05)
→ありがとう、歌になるよ、きっと、ぜひ今年も聞いてくださいね、いい年にしたりましょ!
112
PHP Notice: Undefined variable: zlibs in /home/ftp/x/xxnew_112/wwwroot/data1028.php on line 1441